--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

 06月10日

花菖蒲が見ごろ2

柳川の川下りの続きです。

柳川1

お堀りのまわりには、住んでみたくなるような、
素敵なお家がいっぱいありました。

この洋館のベランダからは、上品な奥様が手を振ってくれました。

こんにちは! いい天気ですね~


で、お掘の反対側を見ると・・(柳川古文書館の向い側あたり)


柳川2
藤吉小学校です。

『ここはね、 妻夫木 聡が

1~2年生のときに通っていた小学校です。』 
(船頭Yさん)


へえええ・・。

思わず、感嘆の声を上げると・・


『実はね、福山雅治 も 通っていました』 (胸を張る、船頭Yさん)



へええええっ・・! 


ツマブキ君が柳川出身とは聞いていたけど、
フクヤマの話は、初めて聞いたよ。

(その後、この話のは、まったく取れません でした
 何で、船頭さんがそんなコト言ったのか、今では謎だ

柳川3

でね、この涼しい顔の船頭Yさん、
びっくりすることに、

やたらに舟を、いろんなトコロにぶつけるのよ。


おっとぉ・・ ゴーーン。

『大丈夫、大丈夫。沈まないから・・・。』

そりゃ、沈んだら困るよ~。


ねえ、いつもこんな感じ?


『あ、デビューして3日目なんすよ』 (船頭Yさん)


おおおおおお。そうだったのか。


私の乗った舟は、どんどん他の舟に追い越されて行きます。

同じ速さなのは・・
柳川4
一羽の水鳥だけ。

(この水鳥は、エサをもらおうと思って、ずっと同じ速さで付いてくるのです。)


橋を潜ったり、堀を曲がったり
それはもう、ひとつひとつが大冒険!

まさか、川下りで こんなスリルが味わえるとは、思わなかったよぉ。


極めつけは、橋の下をくぐっている時、

ゴンッ!

音とともに舟が動かなくなった!


びっくりして振り返ると、
船頭さんの頭が、橋の下の出っ張っているところと 舟の間に挟まっていたのでした。

『うぐぐぐぐぐ。』


このままでは、ニッチサッチも行きません。

その時は、橋の裏がわ(舟から見ると天井)を
私が、手で押してどうにか舟を進めてあげました。

本当に そんなのアリ??? の冒険続きです。

そして、いくつかの橋くぐりを終え、広い堀に出て来て ひと安心・・とホッとしたのもつかの間、



『待ちぼうけぇ 待ちぼうけぇ・・っ 』

突如 ものすごい大声。しかも、まったくメロディー(旋律)なし。

何が起きたのかと びっくりしていると・・

『・・続き、忘れました。北原白秋先生です。』

本当は、北原白秋作詞の童謡を『待ちぼうけ』 を唄おうと思ったんだって・・・。

唄を歌うのも、船頭さんの仕事だったみたいです。笑


先の読めない (でも、けっこう面白い) 川下りでした。

柳川8










2010.06.10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

同じ料金を払って乗るのなら
さすらう女、スリルとサスペンスの川くだりが良いですね~。お名前をお聞きしたい船頭さんですね~。

2010-06-12 土 09:51:35 | URL | さすらう女 #- [ 編集]

> さすらう女さん

そうですか~。
スリルが ありすぎですよ。。。

それでも良ければ、お名前教えてあげます。笑

2010-06-12 土 22:03:04 | URL | ぴーぷるM #32/mYn/g [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ぴーぷるマスター

Author:ぴーぷるマスター
1998年の創刊からPeople編集長。Peopleは福岡県(主に県南)の書店・コンビニで100円で販売している雑誌です。

方言変換

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ヨロシク

久留米まち旅オフィシャルブログ

ブログ内検索

アクセス解析

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。