--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

 11月20日

50年に一度どころか・・

昨日は、いわゆるボジョレーヌーヴォーの解禁日でしたね。

で、今年の出来は、「50年に一度」とまで言われる上出来だそうで・・

いろいろな所で、「それ(ものすごい上出来)って、毎年、言ってない?」という笑いとともに
語られているワインの出来の褒め言葉ですが・・・

味に加えて、今年の珍しいところは、
やっぱりボトルでしょう。

環境ラベル
新しいもの好きの私ですから・・・

さっそく飲みました!ペットボトル入りワイン

底面
安くて、軽くて、環境にいい・・? いいじゃないですか~


きっちり、ボトルを空!(カラ)にしてから、撮影している自分にも笑える。



エチケット



ところが、・・・


ボジョレのペットボトルはノン 伝統壊すと仏統制委
       (西日本新聞 2009年11月19日 20:10 )

 19日に解禁されたフランス産新酒ワイン「ボジョレ・ヌーボー」を管理する統制委員会のダニエル・ビュリア会長は同日、都内で記者会見し、日本でペットボトル入りのヌーボーが販売されたことについて「伝統やイメージを重んじる観点から反対だ。委員会として禁止するつもりだ」と述べた。

 会長によると、統制委が定めた基準を満たさなければ「ボジョレ」と名乗ることができない。現在は使用に関する基準はないが、会長は「来春までには禁止を決定したい」として新たな基準を設ける意向を示しており、ペットボトル入りのボジョレは今年限りとなる可能性も出てきた。

 フランスには農産物の原産地と品質を国が保証する「原産地統制名称(AOC)」という制度があり、ビュリア氏が会長を務める統制委はボジョレのAOCを管理。会長は「(ペットボトルの採用を)知ったのが夏だったため、対処する時間がなかった。ペットボトルでは長期間、ワインの質も保てないはずだ」と語った。

 今年初めてペットボトル使用に踏み切ったワイン大手のうち、メルシャンは「採用したボトルはガラス瓶と同じようにワインの品質を保つことができる」としている。

 ペットボトルは通常の瓶より軽いため輸送コストが下がり、商品価格を抑えるメリットがあるとされる。



50年に一度どころか、最初で最後の

一回限りの ボジョレーヌーボー になるかもですよ。

今年のペットボトル入り ボジョレヌーボー(笑) これは、本当に珍しい!



2009.11.20 | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

気になってた

ペットのボジョレー!
絶対買いですね(*^□^*)

2009-11-21 土 12:51:08 | URL | 編集部きたこ #- [ 編集]

> 編集部きたこ へ

そう、おいしかったよ~買い。

私、さっそく同じのを、もう一本買っちゃったよ。(わしゃ、飲兵衛か?笑)

2009-11-21 土 13:17:46 | URL | ぴーぷるM #32/mYn/g [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ぴーぷるマスター

Author:ぴーぷるマスター
1998年の創刊からPeople編集長。Peopleは福岡県(主に県南)の書店・コンビニで100円で販売している雑誌です。

方言変換

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ヨロシク

久留米まち旅オフィシャルブログ

ブログ内検索

アクセス解析

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。