--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

 11月02日

驚きの 東京タワー

 


映画 ALWAYS の公開に合わせ


昭和30年代はどうだったか・・と、TVなどで話題にされている機会が増えましたね。


 


私などは、自分が生まれるか生まれないかの時期なので


はっきりした記憶はないのだけれど、


小さいころ、映画の場面と 似たような風景を 見たような、見ていないような・・・


そんな、ぼんやりした郷愁に誘われています。


 


確かに、 隣の家に上がりこんで、普通にテレビ見てたよね~  とか。


 


ところで、このブログのプロフィールのところに書いているとおり、


私が生まれたのは東京都世田谷区。


(世田谷区の真ん中あたりに実家はあります)


 


だから、東京とは言え、映画みたいに 東京タワーは見えません。


 


東京タワー(港区芝公園)と 私の実家の間には、相当な 距離があり、


しかも、直線距離で考えると、東京タワーとの間に 渋谷 などの超繁華街があるので


小さい頃から、自分の家から 東京タワーを見よう


なんて、考えたことがなかった。


 


それがですね・・、昨晩、映画の話の続きで・・


 


『東京じいちゃん家の部屋から、東京タワー 見えるよ』



夕食の席で、何気なく子どもに言われて、箸を落としそう になりましたね。




「ナンだって?」 (私)



耳を疑いました。



実は、この夏、私が育った家は建て直され、


 いきなり4階建。 (土地が狭いから、仕方がない・・) ・・・になったらしいです。


 


で、 4階の高さにもなると、ちゃーんと東京タワーが見えるんだって。


 


へぇぇぇぇ~


 


そうなんだ。


(かなり戸惑う私。 私は、まだ新しくなった実家を見たことがなく


 子どもたち二人を、このあいだ、実家先遣隊にやっていたのでした。)


 


実家って、自分が子どもの頃過ごした家のイメージで


建てなおされると、やっぱり馴染みがないもんだろうなーーー と


しみじみ思わされる出来事でした。


 


 

2007.11.02 | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

私も成人になってから、実家を建て替えられたのですが、夢に出てくる家はいつも古い実家です。小さい頃に育った家というものは特別なんでしょうね。
東京タワーが見えるお家というのもすごいですが、4階建てというのに驚きました。

2007-11-06 火 17:21:28 | URL | kana #- [ 編集]

柱のキズは・・


> kanaさん

背較べした痕なんかは、いつまでも、どこかに残っていて欲しいものですよね~

でも、普通の日本の住宅は、なかなかそうもいかないみたいで。

昔の夢から目が覚めて、もうその場所がないと気が付くと、ちょっと胸が痛みますよね・・

2007-11-06 火 20:35:03 | URL | やつぎ #32/mYn/g [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ぴーぷるマスター

Author:ぴーぷるマスター
1998年の創刊からPeople編集長。Peopleは福岡県(主に県南)の書店・コンビニで100円で販売している雑誌です。

方言変換

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ヨロシク

久留米まち旅オフィシャルブログ

ブログ内検索

アクセス解析

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。